宅地建物取引主任者は宅地建物取引士に名称変更になりました

「宅建主任者」がなくなる?!

ところで、皆さんの中には「宅建主任者という資格が無くなる」という噂を耳にしたことのある方も少なくないでしょう。
今や不動産関連資格の代表格として、また、法律系資格の登竜門としても知られる宅建。本ページでは、「宅建主任者がなくなる」の真相に迫りたいと思います。

正確に言えば「名称変更」で、宅建主任者は「宅建士」に

確かに、今では「宅建主任者」という資格はありません。ですが、これは宅建という資格そのものが無くなったわけではなく、「宅建士」という名称に変更されたに過ぎません。
これから宅建試験に挑戦する方であれば、目指すべきは「宅建士」です。すでに宅地建物取引主任者試験に合格されている方については、平成27年4月1日以降に行われる法定講習受講者分から宅地建物取引士証に切り替えられて発行されています。

目指されているのは、「宅建有資格者の地位向上」

なぜ、今このタイミングで、宅建主任者は宅建士へと変更されたのでしょうか?
背景には、平成26年6月18日に可決・成立された「宅地建物取引業法の一部を改正する法律案」とその施行があります。

具体的に改正された点として、名称変更の他に特筆すべきポイントは下記の通りです。

第5条の変更

宅建業の免許取得、宅建士の資格登録につき、欠格事由(免許取得、資格登録できない要件)として、「暴力団員等」を追加

第15条の変更

「宅地建物取引士の業務処理の原則」「信用失墜行為の禁止」「知識及び能力の維持向上」の追加

第31条の変更

宅地建物取引業者の業務処理の原則に、「従業者の教育」を追加


今回の変更点について、総じて言えるのは「宅建士のモラルや地位の向上」が目指されていることです。
宅建士への名称変更についても、解釈の仕方によっては「士業の仲間入り」と捉えることもできるでしょう。
宅建主任者は宅建士への変更を経て、より一層、資格としての価値が高まっていきます。
受験生の皆さんは、ぜひ前向きに合格を目指されてください!

次のページ >>

 >>宅建最短合格ならこの勉強法!