宅建士の試験対策の基本は宅建のときと変わらず

新しくなった宅建試験、対策はどう変わる?

宅建試験が宅建士試験へと変更され、今後の試験対策についてどう進めていくべきか、お悩みの受験生も多いことでしょう。
ここでは、生まれ変わった宅建士試験について、勉強法や合格の目指し方を考えていきたいと思います。

基本スタンスは“従来通り”

宅建資格が宅建士としていわば“士業”の仲間入りをしたとは言え、実際の試験については今のところ、これまでと大きく異なる部分はありません。
よって、宅建士試験の要となるのは以前同様「膨大な試験範囲の中から、出題されるポイントに的を絞って対策すること」です。
そして、「頻出事項を何度も繰り返すこと」。宅建試験合格を目指す上でのポイントに、基本的に何ら変更はありません。

新傾向対策には、専門校のサポートが必須

ところで、宅建試験レベルの資格試験であれば、「ちょっと頑張って独学で合格しよう」と考える受験生も少なくないと思います。
これまでならばそんなやり方も通用していましたが、宅建士試験として生まれ変わった今、やはりそれなりに新しい傾向対策も必要となります。

宅建士へと名称変更されて以降の本試験について、具体的にどんな風に出題が変わったかについては、すでに前ページで触れたとおりです。

宅建士の実務に活用できるような実践的な内容や、単純な過去問の焼き直しではない深い知識を問う出題が見られるようになったわけですが、これらの点については当然、これまでの過去問の中には出題実績がありません。
よって、通学なり通信なりの資格対策予備校の活用が合格への近道であることは言うまでもありません。

 >>宅建最短合格ならこの勉強法!