就職に転職、独立開業も可能です!

宅建を取得することのメリットは?

宅建を取得することでもたらされるメリット。やはりこれがみなさんにとってもっとも知りたいことでしょう。そして、宅建資格の取得を検討されている方の大半は、就職や転職活動を有利に進めることを目的にしている様子です。まずは、就職や転職シーンにおける宅建資格のメリットをお伝えします。

就職活動において宅建資格が有利に機能するのは間違いありません。前ページでも少し触れたように、不動産業界への就職を希望する学生さんにとって宅建資格は、入社への意気込みを示す強力なアピール要素となります。

不動産業界のみならず、金融系や保険業界への就職にも宅建資格がプラスになる可能性は高いと思われます。日本経済が類い希な不況に見舞われている昨今、就職活動も困難を極めていることと思います。しかし、宅建資格には、そんな状況を打破するだけの威力を持っているといっても過言ではありません。就活を控えた学生さんは、是非、宅建の取得を前向きに考えてみて下さい。

未経験者の転職にも有効

一方、転職シーンにおける宅建の効果はどうか。企業が中途採用する場合にもっとも重視する要素が〝経験〟であることは間違いありませんが、こと不動産業界においては、経験と同様に宅建資格自体が重視される傾向にあります。

というのも、前ページで述べたように、不動産仲介業者は法律により宅建主任者を5名に1名の割合で配置しなければならず、多くの仲介業者が宅建主任者の確保に苦慮している背景があります。そのため、経験はなくても宅建資格を持つ人には、比較的転職チャンスに恵まれている状況にあるといえそうです。

さて、就職や転職に機能するばかりが宅建のメリットではありません。そう、独立開業する上でも宅建は有効に機能するのです。売主(貸主)と買主(借主)との契約を国から唯一許されている宅建主任者が一人いれば、理論上は不動産仲介業を営むことが可能です。

もちろん、開業するまでには不動産販売・賃貸業務のノウハウを身につける必要があり、全く未経験の方が宅建を取得したからといってすぐに開業することは不可能です。しかし、宅建を取得し不動産業界へと転職し、何年か業務をこなしノウハウを身につけた後に独立開業することは夢ではありません。事実、私もその一人です。宅建は独立志向を持つ方にもお勧めの資格なのです。

次のページ >>

 >>宅建最短合格ならこの勉強法!