勉強していく上、通学講座を利用すると言う方法もあります。

一般的には合格するために最適な学習スタイルとされていますが、実際のところはどうなのか通信講座と比較していきます。

それぞれの特徴を解説

通学講座は、通信講座と違い学校に通って講義を聞きながら、勉強して行きます。

そのため、必然的に勉強する環境を整うと同時に、生で迫力のある講義を聞くことができるので、より深く知識を吸収していくことが可能になるのです。

その一方で、通信講座だとあくまでも自主的に勉強していく事になり、意思が弱い方だと続けていくことが困難になります。

そう考えれば、通学のほうが効率よく勉強していくことが可能になると言えます。

しかし通学講座にも欠点があります。

それは、受講料が高い、時間に拘束される、開講しているのが都心に集中していることです。

受講料に関しては、通信講座が、3~4万円台に対して、通学講座なら10万円を軽く超えます。宅建の試験でそこまでお金を出すのは、個人的には疑問です。

また、時間に拘束されると言うのも大きな欠点です。宅建を受験する方は、会社員が多く、時間の自由がききにくくなります。

増してや不動産関係で働いている方なら夜が遅いので、受講するのは物理的に不可能です。

どんなに講義が遅くても7時くらいがいいところではないでしょうか!

それに資格学校の場合は、都心に学校が集中して、地方ではビデオ講義のみというところも増えています。

つまり講師がその場にいないので、生で講義を聞くことができない状態なのです。

一見、万能とされている通学講座でもこのような欠点もあることを忘れてはなりません。

おすすめは通信講座

これは、あくまでも個人的な意見ですが、私は宅建に挑戦するなら、通信講座のほうが良いと思います。

もちろん上記のような欠点を解消できれば問題ありません。しかし全てを解決できる人は中々いないのではないでしょうか!

特に時間に関しては、厳しいものがあると思います。

宅建を受験する方は、このページも説明している通り社会人が多くいて時間の自由が利きません。

そのため好きな時間と場所で勉強できる通信講座がもっとも適した学習スタイルです。

これは、自分の意思で勉強しなければ習いと言うデメリットでもありますが、逆に言えばメリットにもなります。